二人三脚で頑張る

日本の義務教育は中学3年までに設定されていますが、公立の中学校は多くの生徒に授業を受けさせるために、誰もが付いていけるような授業内容を設定しています。その分学力低下が不安視されており、脱ゆとり教育の動きも手伝って、最近は中学受験を受けさせたいという親が増えてきています。中にはシングルマザーの方も中学受験への参加を希望していますが、中学受験を成功させるには、様々な点に気をつけなければなりません。

シングルマザーの家庭が中学受験を成功させるためには、二人三脚で頑張ることを意識することが何より大切です。仕事で家から離れ、家族で話す機会も減ってしまうと、子どもがどんな勉強をしているかも把握できなくなり、知らず知らずのうちに、子どもに負担を掛けていることがよくあります。疲労などが原因でストレスが溜まると、学力の伸び具合にも影響が出てくるので、子どもの様子には注意を配るようにしましょう。

中学受験の主役は子どもかもしれませんが、今後の人生を決めるような大きな舞台では、きちんと親がサポートしてあげることが大切です。勉強を教えるのはもちろん、答え合わせを手伝ったり、休みの日にどこかに連れてってあげたりと、勉強を教えるのはもちろん、勉強付けで疲れた気持ちをリフレッシュするなど、様々なサポートを繰り返すことで、子どもも無理せず勉強を続けられるようになるでしょう。