離婚後の中学受験

中学受験を受けさせたいと考える親の中には、シングルマザーの方も少なくありません。最近はシングルマザーへの理解も深まり、様々な学校でシングルマザーの受け入れが進められるようになってきていますが、女手一つで子どもを育てるのは大変ですし、中学受験となると、必要となる学費も馬鹿にならなくなるので、もし離婚が原因でシングルマザーになったのであれば、離婚した元夫の助けを借りるという手もあります。

中学受験は、子どもにとってはもちろん、大人にとっても大きな問題となります。何より問題となるのが学費の問題で、受験対策として学習塾や家庭教師などを利用すれば、ますます必要な費用は増大します。こうした金銭的な問題を解決するのに、元旦那の支援を受けられるかどうかは、離婚の経緯も係わってきますが、相談する機会があれば話をしてみてはいかがでしょうか。

離婚後に中学受験を受ける際は、前もって受験についての話し合いを済ませておきたいところです。円満な離婚なら子どものために積極的に協力してくれるケースも多いですが、そうでない場合は支援を受けることが出来ないどころか、もっと大きなトラブルに発展するケースもあるので、あくまで離婚の経緯などから、協力が望めそうなときにだけ、支援を要請してみましょう。