課程より結果が大事

公立の中学校よりもレベルの高い勉強を子どもに受けさせるには、中学受験に合格させなければなりません。そのためには年単位で受験勉強を続けさせる必要があり、学習塾に通わせ、模試などの結果を元にその後の計画を決定するなど、厳しい生活を送ることになる子もいるといいます。シングルマザーの家庭でも、中学受験中は子どもに厳しく接することが多いといいますが、中学受験については、下手に怒らずに結果にだけ気を配るほうが、将来のためになるとも言われています。

中学受験のための勉強を続けていると、時折模試やテストといった形で実力を確認することがあります。その時に出た点数が低いと、ついつい子どもを責めてしまいがちですが、模試は将来の課題を浮き彫りにするために使われるもので、現時点で点数が悪かったとしても、過度に気にする心配は全くありません。

中学受験を受けさせる際、特に気をつけておきたいのが、本番までに受けるテストなどの点数は、それほど重要視するものではないということです。どれだけ模試の結果が悪くても、最後の最後に試験に合格することが出来れば、中学受験は成功です。逆に模試などの目の前に点数にこだわり続けても、本番でミスして取り返しの付かないことにならないように注意が必要です。