受験と家族仲

最近はゆとり教育からの脱却が進められており、よりレベルが高い教育を受けさせるために、中学受験を子どもに受けさせる家族が増えてきています。シングルマザーとして子育てをして来た方も、一部は中学受験を受けさせており、最近はシングルマザーを対象とした支援制度を用意している学校もある事から、学費の捻出も含めて受験を受けさせる方も見られます。

中学受験で成果を上げるためには、子どもに勉強をさせるだけでなく、家族仲も良いものにしていくことが重要といわれています。一見するとそれほど関係無さそうに見えますが、家族仲が極端に悪くなり、勉強にも手をつけなくなってしまうなど、受験にも悪影響を及ぼすことがあるので、家族仲を良好な状態に保つためにも、子どもとのコミュニケーションは絶やさないようにしましょう。

子どもとのコミュニケーションは、特に小さいうちの教育にも深く係わっていると言われています。小学校に入った段階でも、まだまだ子どもは親と一緒にいるべき時期なので、学習塾に通わせるなど、生活リズムにずれが生じるようになったときでも、出来れば一日に一度は顔を合わせ、一日会ったことを話したり、勉強の答え合わせを行うなど、積極的にコミュニケーションを取ることで、家族仲の悪化も食い止められるでしょう。