志望校選びの重要性

中学受験において、志望校選びは非常に重要です。志望校を設定しないことには、目標となる偏差値などがはっきりしませんし、何より合格した後の中学校生活の中身も大きく変わってきます。シングルマザーの場合は、様々な要素を元に志望先を選択する必要があるので、自分の考えや学校の評判、子どもの意見なども考慮して、最も理想的な志望校を探してみましょう。

まず志望校を選ぶ上で重要な点が、シングルマザーでも受け入れてくれる学校があるかという点です。最近はシングルマザーへの理解も深まり、入学を認めるのはもちろん、支援制度を用意してくれる学校も見られるようになりましたが、それでも一部にはシングルマザーの子どもの入学を認めていない学校もあるので、そういった評判のある学校はそもそも候補から外しましょう。

中学受験を受けるということは、子どもは当然小学生ということになりますが、子どもだからといって意見を全て無視して、自分が希望する学校だけを志望校にするのも考え物です。小学校5年生から6年生ごろは、十分色々なことを考えることが出来る年齢ですし、毎日学校に通うのは子どもなので、きちんと子どもの意見も聞いて、子どもの勉強もモチベーションが上がりそうな、理想の志望校を探しましょう。