責めない教育

シングルマザーとして子育てを続けるのは何かと大変ですが、ここに中学受験が加わると、新郎も並大抵のものではありません。子どもの勉強の様子に目を配りつつ、普段どおりの生活をこなさなければならず、子どもの成績が伸び悩むなど、心労の元もどんどん増えていきます。そうした生活を続けていると、ついつい子どもの伸び悩みを責めたくなることもあるかもしれませんが、中学受験は責めない教育を意識するようにしてください。

親にしてみれば、公立よりもレベルの高い中学校に通わせることは、子どもの将来のためにもなると思うのが当然ですが、子どもに同じような考えが芽生えるとは限りません。寧ろ親のような考えを持つことは稀で、受験勉強に対しても集中力が長続きしないことが多いです。そうした状況で必要以上に子どもを責めれば、勉強に対するモチベーションはどんどん失われるでしょう。

成績が伸び悩んでいるからと子どもを責めるのは、想像以上にモチベーション低下にかかわります。なので、少しでもモチベーションを維持するためにも、叱るだけ叱ったら、褒めるところも同じくらいかそれ以上の勢いでほめるようにしましょう。必要以上に責めない教育を意識することで、勉強に対するモチベーションを維持すると共に、実力が上がることでさらにモチベーションを高めるきっかけも作ることができます。