奨学金制度を考える

シングルマザーの家族が中学受験を行う際、大きな問題となりやすいのが学費の問題です。受験制度を採用している学校の大半は、公立中学校よりも学費が高く設定されているため、仮に合格できたとしても、高い学費を支払う必要が出てきます。それ以前に中学受験のための勉強でも、学習塾に支払う費用が必要となる分、さらに経済的負担が大きくなるので、合格後の負担を減らすために、奨学金制度がある学校を受験する家族が多いといいます。

奨学金制度は、学費の支払いを後まわしにして、卒業後に分割して支払いを行う制度で、学費を確保できない場合でも学校に通うことができます。経済的負担が短期間に集中するのを避けることができるのは大きなメリットといえますが、最終的に支払う学費は変わりませんし、場合によっては利息の支払いが増える分、最終的な金銭的な負担が大きくなるケースもあります。

奨学金制度は一時的な負担の集中を抑えるのには役立ちますが、悪い言い方をすれば借金と変わらないので、将来きちんと返済できるだけの積み立てをしておく必要があります。さらに高校や大学に進学する際も、その分の学費を用意しなければならないので、使い方には注意が必要です。