子どもの意見は?

ここ最近は中学受験を受けさせる親が増えてきています。ゆとり教育の見直しをきっかけに、より学力向上に努めるようになり、高度な授業を受けられる私立の中学校などが人気を集めるようになってきていますが、レベルの高い学校に子どもを通わせたいと考える親の中には、シングルマザーの方も少なくありません。中にはかなりの難関校を受験させようとしている方もいますが、中学受験では、子どもの意見にもしっかり耳を傾けましょう。

中学受験は、当然子どもが受験を受ける必要がありますが、その時点で子どもに勉強に対するモチベーションが無いと、合格する可能性は一気に低くなります。子供のうちは親の言うことを素直に聞くことが多いですが、小学校5年、6年にもなると、自分の意見を持つようになり、受験を拒否することも出てくるかもしれません。そうした事態が起きないよう、前もって子どもの意見を聞いておくことをオススメします。

中学受験は将来の可能性を広げる上で役立ちますが、親の考えが子どもの幸福とは限らないのが難しいところです。どんな親でも子どもの将来は心配でしょうが、子どもにも自分の考えがあります。意見がぶつかった時は、きちんと自分の考えを伝え、子どもの考えもしっかり聞いた上で、お互いにどうするべきかしっかり話し合ってみましょう。