小さいころの学習

中学受験は、小学校では習わない問題を解く必要があったり、様々な計算を同時にこなす必要がある複雑な問題があったりと、小学校のテストとは比べ物にならないくらい難易度が高いです。レベルの高い学校になると、どんどん難易度が上がってくるので、少しでも合格率を上げるためには、相当早いうちから勉強をさせておきたいところです。とはいえシングルマザーだと学費の余裕が無いケースも多いので、本格的な受験勉強を始める前に、勉強をするための下地作りを早いうちから行いましょう。

小さい子どもは色々なことに素直に応じてくれるので、その内に勉強を行うことを習慣化させると、日常的に勉強を行うことに抵抗を感じにくくなります。そのため、小さいうちから本を読み聞かせたり、文字を書いたりといった勉強の時間を設けると、勉強のための時間が習慣化していき、勉強時間に集中しやすくなるといいます。この時思い切りほめるようにすると、勉強が楽しいものと認識するようになり、勉強の意欲も上がりやすくなるといいます。

シングルマザーだと子どものための時間が作りにくいですが、一日少しの間会話をするだけでも、子どもの心に与える影響は非常に大きなものとなります。特に小さいうちは親との会話が精神的な成長に繋がってくるので、受験勉強を始める前から、勉強の際は様子を見たり、答え合わせに付き合ったりと、積極的に子どもと触れ合いましょう。