家族の時間を作る

シングルマザーの生活は何かと苦労が重なりますが、子どもの教育に関しても、色々な悩みを抱えている方が大勢います。最近は中学受験をさせる親が増えてきており、より良い教育を受けさせ、将来の選択肢を増やすためにも、中学受験をさせたいと考えるシングルマザーも同様に増えています。以前よりもシングルマザーへの理解も深まり、入学を推進する学校も増えてきていますが、そうした環境の変化とは関係なく、家族間でのトラブルが起きるケースが多く報告されています。

シングルマザーの多くは、子どもとのコミュニケーションの機会が減りがちといいます。小さいうちは親とのコミュニケーションが非常に重要とされていますが、仕事によっては夜遅くまで子どもと会えない方も多く、受験勉強をさせることで、さらに子どもと会う時間が減ることも珍しくありません。そうした環境が子どもにフラストレーションを与えると、勉強をしなくなるなどの行動に出やすくなります。

子どもにとっては、慣れない受験勉強は大きなストレスに繋がります。さらに家で会話することもないままでいると、ストレスのはけ口がなくなってしまい、さらにストレスが溜まってしまうので、少しでも精神的な落ち着きの場を与えるために、家族の時間は積極的に作っていきたいものです。ほんの少しの間話を聞く時間を作るだけでも、子どもに与えるストレスはある程度解消できるでしょう。