子どものケア

シングルマザーが中学受験を子どもに受けさせる場合、受験をしない家庭よりも何かと考えることが多いです。特に問題が起こりやすいのが子どものケアで、中々子どもと話す機会が無いことがきっかけとなり、子どもが勉強にやる気を持ってくれなくなったり、反抗的になったりすることが非常に多いので、受験勉強を行う時期になったら、子どものケアに細心の注意を払いましょう。

中学受験は、とにかく子どもに負担が掛かります。学校でも習わないような難しい授業を塾や自宅でこなし、友達は遊びに行っているのに自分だけは勉強をするという生活に、大きなストレスを溜め込んでいることが多く、それが爆発することも珍しいことではありません。シングルマザーの場合、働きに出ている間は子どもの様子を見ることが出来ず、仕事によっては子どもと話す機会をほとんど作れないことも多いため、余計に問題が悪化しやすいといわれています。

シングルマザーが中学受験を成功させるためには、子どもと話す機会を積極的に設けることが何より大切です。特に小さいうちは親とのコミュニケーションが心の成長に深く係わってくるので、仕事で疲れていても一日に一度は子どもとゆっくり話す時間を作ってください。それが難しいなら手紙やメールでも構わないので、コミュニケーションが無い状態だけは避けましょう。