独力の指導は出来るか

可能な限り子どもに良い教育を受けさせるためには、中学校の選択も重要です。中学受験を子どもに受けさせる場合は、幅広い知識を身に付けさせる必要があり、学校のレベルによっては小学校では習わない問題も当たり前のように出てきます。シングルマザーの場合は、収入の関係で学習塾や家庭教師を利用できないケースも多いですが、中学受験は独力の指導で突破できるのでしょうか。

家族の指導で中学受験に合格した子どもの話を目にすることがありますが、こうした例はごく稀といわざるを得ません。そうしたケースは子どもに非常に高い学習意欲があったか、親が塾講師や教師の様に子どもの指導経験があることが大半で、親の指導だけでは中学受験の突破は困難と言われています。中学受験の試験は、範囲が広いだけでなく、深い理解力が求められるといわれており、指導する側にも深い知識が求められる分、素人の指導ではどうしても限界が出てきます。

中学受験を合格させるには、学習塾や家庭教師を利用するのが確実です。金銭的な負担はどうしても避けられないので、中学受験を想定しているなら、早い段階で学費の積み立てを行うしかないでしょう。また自治体や学校が提供している補助金などを活用することで、金銭的な負担は多少なりとも減らすことができます。