学費の問題

よりレベルの高い教育を受けさせ、子どもの将来の選択肢を広げる中学受験は、地域によっては大半の家族が行っているといいます。シングルマザーの家庭でも、中学受験を行い、成功した例は多く、以前は理解を示さなかった学校も、シングルマザーの受験を認めるところが増えてきています。とはいえシングルマザーの中学受験は課題も多く、特に学費の問題は今も大きな問題となっています。

誰でも入れる公立中学校は、授業のレベルがそれほど高くありませんが、その分学費が安い分、シングルマザーでも余裕を持って入学させることができます。その点私立の中学の場合、学費は公立より高めに設定されることが多いので、学費の積み立ては絶対にしておかなければなりません。初めから子どもには中学受験させたいとお考えの方は、相当早い段階から積み立てを始めるようにしましょう。

中学校の学費の問題を解消するには、様々な支援制度を活用する手があります。自治体によってはシングルマザー向けの補助金制度が用意されていますし、中学校でも学費の割引や奨学金制度など、金銭的に余裕が無い方を支援する制度が存在します。そうした支援が充実している学校を選ぶことで、より余裕を持って子どもを中学受験に挑戦させることができます。